どういうこと?

あなたが可能な限り福音を伝えるということです。まだ福音を知らない人、まだ生まれ変わりを体験していないクリスチャンに伝えることで、イエスの救いに導くのです。

必要なのはやる気だけ。主が導かれるままに、ご自身の賜物と召命に従って福音を伝えましょう。

個人的に伝えるにしてもグループや教会で伝えるにしても、伝える方法は数多くあります。

自分にできることは?

グロバル・アウトリーチ・デイ で少なくとも一人の方に福音を伝えよう

個人的レベルで、未信者の友達や近所の人に話すことから、街や学校、公共な場や乗り物、また大伝道集会などで伝道することまで、本当に多くの選択肢があるのです。

こちらから人々にアプローチします。向こうから来るのを待っていてはいけません。
次のようなチャンスを作りましょう:

  • 連絡をとり、会って話しをする
  • 自分の証しと福音のメッセージを語る
  • 相手のために祈らせて下さいと言う
  • 相手を決心に導く

あなたが思うほど難しいことではありません!

254-Get-Involved-Right.jpg
 

伝道者にはなれそうもない?

人にイエスのことを語るのは気が重い、できるかどうか不安だと感じますか?

この壁をみごとに突破する方法を見つけましょう!

創造力を発揮して、次の方法からヒントを得て下さい:

1人対1人の個人的なアプローチ


誰かを誘う

友達や同僚や隣人をお茶、ランチ、バーベキューなどに誘い、どのようにイエスに出会ったかという自分自身の話をする。 

 


実際的な手助け:

買い物を手伝う、車で送ってあげる、近所の庭仕事を手伝う、洗車や部屋の掃除をしてあげる、芝刈りをしてあげる、等々。財務相談とか修理など、特殊な技能のある人は、それを無償で提供する。

チーム及びグループ



創造的な伝道

ドラマ、寸劇、ダンス、芸術的な表現など、与えられた賜物やアイディアを生かして人々の注目を集め、そこでメッセージを語る。

 

フラッシュモブ

フラッシュモブを行い、人々が集まったところで散り散りになって人の中に入り、どういう理由でやっているのかを話す。

教会及び伝道団体


大きなイベント

ゴスペル・コンサート、路上での行事や子供のお祭、ドラマなど。また、他の教会と協力のもと、自分達の町でのゴスペル・キャンペーンを計画する。

 

 


近隣、路上及び地域キャンペーン

家を一軒一軒訪ねることをブロック毎に行い、その一帯を完全に伝道する。または、特定の地域を決めて伝道する。

 

メディアを使って

ゴスペル・メディア・ツール

ゴスペルの冊子、本やトラクトを見せたり、証しや癒しのDVDを手渡すなど、メディアを会話を始めるきっかけにする。

 

インターネット

キリストを知らない友人に福音を配信するためウェブサイトにリンクしたり、彼らにビデオクリップを送ったり、フェイスブックやツイッタ―、ユーチューブを使いチャットをするなど。

その他

 

 

     少し助けが必要ですか?

          伝道に出て行くための力を与え、伝道の効果が上がるように無料の資料
          を大量に用意しています。

          - トレーニング用ビデオ:人に正しいメッセージを伝えイエスに導くことを学
            ぶためのもの
          - 無料の研究資料
          - G.O.D.への参加を促す資料
          - その他